葉山K邸

外観

2018年7月に完成現場見学会を開催した葉山のK邸は、実は家一棟丸ごとオーダーメイド家具の工房が設計を担当した、初めての注文住宅です。

夫婦2人で営む家具工房HALF MOON FURNITURE WORKSHOPと弊社は、彼らが工房を構える前からの古いお付き合い。「完成した時がピークではなく、使う人が楽しんで使っていける、古くなるほどに愛せる家具を」という考え方が弊社の家づくりと共鳴し、ものづくりへの愛情にあふれる彼らに、弊社事務所の什器をすべてお任せしたのが仕事の始まりです。

今回の葉山K邸は、そんなHALF MOON FURNITURE WORKSHOPの小栗夫妻から、施主であるKさんご一家を紹介していただき、プロジェクトが立ち上がりました。

初めての打ち合わせから家が完成するまでの出来事、進行中に感じたこと、住み始めてからのことなどを、施主K夫妻にインタビューすると同時に、家のすべてを手がけたHALF MOON FURNITURE WORKSHOPにも、作り手としての視点をインタビューしました。

1つの家をめぐって紡がれた2つのストーリーをご紹介します。

施主インタビュー① 続きを読む