今日は住宅会社を比較検討されている方から必ずと言ってよいほど気にされている

建物価格のお話をしてみようと思います。

価格の比較で最も多く知られているのは「坪単価」という言葉ではないでしょうか?

私たちも家づくり相談で来店されるお客様や電話やメールでの問い合わせでよく質問される内容です。

ご存知かとは思いますが念のために「坪単価」とは「建物価格」÷「面積」の事です。

結論から言いますと、単純に「坪単価」というものを聞いただけでは価格の比較はできないのです。

なぜなら「建物価格」には何が含まれているのか?

「面積」とはどこまでを建物面積とするのか?

これらに明確なルールはないのです。

ですから坪単価を安く見せようとすれば、「建物価格」を安くする、もしくは「面積」をなるべく広くする。

こんな調整がされる事があります。

例えばですが「建物価格」にはオプション扱いのものを多くして価格を減らしたり、

さすがにキッチンやトイレがはオプションです!なんて事は無いとは思いますが

極端な事を言えば、その設定も各社ごとに出来て「坪単価」をうたえるという事です。

とは言っても各社ごとの「坪単価」は気になるものですよね。

その時は是非「建物価格」にはどこまで含まれるのか?「面積」はどこまで含まれるのか?

をしっかり確認して比較する事をお勧めします。

「坪単価」を聞いて安いと思い契約して話を進めていったらなんだか総額がやたら高い!

こんなことを後戻りできない状態で気づかないために・・・

ちょうど今日の空き時間に弊社の新人スタッフや研修生に教えていたのでブログにも書いてみました。

すごく簡単に書きましたが、皆様の家づくり検討の際に参考になれば嬉しいです。

明日も花粉対策万全でお客様とのお打合せを楽しみたいと思います。

それではまた明日。